社会人になると様々な行事に出席することが多くなります。その際、マナーを知っていることが当たり前として扱われます。結婚式招待状の返信の仕方一つにも、いくつか守らなければならないマナーがあり、出席するにせよ欠席するにせよ、新郎新婦は忙しい合間の時間を使って1枚ずつ丁寧に結婚式招待状の「宛名書き」をしてくれているので、ちゃんと返信をしなければなりません。招待状を受け取ったら、まずは出席するか欠席するかを決めます。欠席する場合は、あらかじめ新郎新婦に報告しておきましょう。欠席するかどうか曖昧な場合も、ちゃんと連絡する必要があります。連絡をした後に、招待状の返信を行います。招待状の表面の宛名にある「行」の部分を二重線で消し、代わりに「様」と書き直します。二重線では無く、「寿」の文字を使って文字訂正もできます。二重線では、文字を切ることから縁切りを連想させるため、結婚式招待状に限り、この方法が使えるようです。こちらの方が、おめでたい気持ちをより伝えやすくなります。裏面では、「御」「御芳」の部分を二重線か「寿」で消します。「御住所」「御芳名」も受け取った側へ宛てた敬語になるで、忘れずに消しておきましょう。出席する場合は「慶んで出席させていただきます」いう言葉を書き添えると、より丁寧で好印象を持たれます。ここまで書けたら、最後に余白の部分に何かメッセージを入れておくのがマナーです。「ご結婚おめでとうございます」位の内容で大丈夫ですが、あまり砕けすぎた書き方にならないように注意しましょう。欠席の場合は、お詫びの言葉も添えます。相手に余計な気遣いをさせないように、理由はぼかして書けば大丈夫です。マナーと聞くと、なんだか難しいことに感じる人もいるかもしれませんが、やっていることはとても簡単です。ただ知っているかどうか。社会人にとっては必須スキルなので、きちんと覚えて、相手に不快感を与えず楽しく結婚式に参加しましょう。